volume 4 サンプル

denshi_0523_02.jpg

■音声とテキストのサンプルです。

■8人のネイティブの録音音声サンプルと、テキストの該当箇所のサンプルとなります。

ジョーク数:128個
音声 (MP3)録音時間:1時間30分
音声ファイル数:4個 
PDF文書 151ページ
英文単語数: 14808語

 

【ジョークのカテゴリー】

Marriage Jokes(結婚のジョーク)35個

Ethnic Jokes (エスニック・ジョーク)33個

Doctor Jokes (医者のジョーク)32個

Lawyer Jokes (弁護士のジョーク)31個

​音声サンプル (VOLUME 4)

vol.4_samples
00:00 / 04:44

テキストサンプル (VOLUME 4)

【10】
Why did I get divorced?

Well, last week was my birthday. My wife didn't wish me a happy birthday. My parents forgot it and so did my kids. I went to work and even my colleagues didn't wish me a happy birthday.

As I entered my office, my secretary said, "Happy birthday, boss!"
I felt so special. She asked me out for lunch. After lunch, she invited me to her apartment. We went there and she said, "Do you mind if I go into the bedroom for a minute?"

"Okay," I said.

She came out 5 minutes later with a birthday cake, my wife, my parents, my kids, my friends, and my colleagues all yelling, "SURPRISE!!!" while I was waiting on the sofa… naked.
 

[日本語訳]
どうして私は離婚することになったか?

先週は私の誕生日だった。妻は私の誕生日のお祝いお言ってくれなかった。私の両親もそれを忘れていて、子どもたちもそうだった。私は仕事に出掛けたが、同僚達でさえ私の誕生日を祝ってくれなかった。

オフィスに入ると、秘書が言った。「ボス、誕生日おめでとうございます!」
私は特別に格別な気分だった。彼女は私を昼食に誘い、その後自分のアパートに招いてくれた。アパートに入ると、彼女が言った。「ちょっと寝室に行っていいです?」

「いいよ」と私は答えた。

5分後、彼女はバースデーケーキを持って現れた。私の妻や両親、子どもたちに友人、同僚達を引き連れて。皆、一斉に「サプライズ!!!」と大声を上げた。私はというと、ソファに腰を下ろして待っていた…裸の姿で。

 


【46】
A Polish man was walking down the street, carrying a brown paper bag. He ran into one of his friends, who asked, "Hey! What do you have in the bag?" The man tells his friend that he has some fish in the bag. His friend says, "Well, I'll make you a bet. If I can guess how many fish you have in the bag, you'll have to give me one." 

The man says, "I'll tell you what. If you tell me how many fish I have in this bag, I'll give you both of them."
 

[語彙]
make a bet 賭けをする

“I'll tell you what.” 「こうしたらどうだろう」「それじゃこうしよう」
 

[日本語訳]
ポーランド人の男が、茶色の紙袋を持って通りを歩いていた。彼は友達の一人と出くわし、その友達が聞いた。「ヘイ!袋の中身はなんだ?」男は友達に魚が何匹か入っていると言った。友達は言った。「よし、賭けをしようぜ。もしお前が袋の中に持ってる魚の数を俺が当てられたら、一匹俺にくれなきゃいけないっていう」

男は言った。「こうしたらどうかな。もし俺が袋の中に持ってる魚が何匹かお前が当てたら、俺はお前に魚を両方ともやる」
 

[解説]
この男は間抜けなので、うっかり “both of them” と言ってしまって、魚は2匹であることが分かってしまったというオチ。

 


【84】
When the new patient was settled comfortably on the couch, the physiatrist began his therapy session, "I'm not aware of your problem," the doctor said. "So perhaps, you should start at the very beginning."

"Of course." replied the patient. "In the beginning, I created the Heavens and the Earth..."
 

[日本語訳]
新しい患者がソファにゆったりと落ち着くと、精神科医が治療を始めた。「あなたがどんな問題を抱えておられるのか私には分かりません」と医者は言った。「ですので、一から始めた方がいいでしょう」。

「もちろんですとも」と患者は答えた。「初めに、私は天地を創造しました...」


[解説]
自分が世界を創造した神様だと思い込んでいる重症な患者だと、一言で分かったという話。
 

 

【113】
An attorney was sitting in his office late one night when Satan appeared before him. The Devil told the lawyer, "I have a proposition for you. You can win every case you try, for the rest of your life. Your clients will adore you, your colleagues will stand in awe of you, and you will make embarrassing sums of money. All I want in exchange is your soul, your wife's soul, your children's souls, the souls of your parents, grandparents, and parents-in-law, and the souls of all your friends and law partners."

The lawyer thought about this for a moment, then asked, "So, what's the catch?"


[語彙]
attorney 弁護士
proposition 提案 ■suggestionがアドバイスや招待等をオファーして行動するのは相手のみであるのに比べ、propositionは、何かの取引をオファーして相手も自分も行動するイメージがある。

adore 敬愛する、崇拝する(ほど好きである)

stand in awe of~ ~に畏敬の念を抱く

embarrassing sums of money「恥ずかしいほどの額のカネ」→「まごつくほどの額のカネ」

parents-in-law 義理の両親

"What's the catch?"  「何か裏があるんですよね?」■catchはスラングで「問題点、難点」。What’s the catch?は「あまりにうま過ぎる話だから、裏があるんだろう?何が狙いなんだ?」と尋ねる言い方。


[日本語訳]
弁護士がある夜遅くオフィスで座っていると、悪魔が目の前に現れた。悪魔は弁護士に言った。「あなたに提案がある。あなたは生涯自分が手掛ける訴訟すべてに勝つことができる。依頼者からは敬愛され、同僚からは畏敬の念を抱かれ、戸惑うほどの金を稼ぐだろう。私が引き換えに欲しいのは、あなたの魂と奥さんの魂、子どもの魂、両親・祖父母・義理の両親の魂、友人と弁護士仲間全ての魂、ただそれだけだ」

弁護士はこれについてしばらく考えてから尋ねた。「何か裏があるんですよね?」
 

[解説]
「裏」というのは、引き換えに自分や妻、その他親戚や友人、仲間一同の魂を売り渡すことなのだが、弁護士であるこの男にとっては、それは大したことではなく、他に「裏」があると思っているというオチ。

 

【56】
Three men are traveling in the Amazon--a German, an American, and a Mexican, and they get captured by some Amazons. The head of the tribe says to the German, "What do you want on your back for your whipping?" The German responds, "I will take oil!" So, they put oil on his back, and a large Amazon whips him ten times. When she is finished the German has these huge welts on his back, and he can hardly move. The Amazons haul the German away, and say to the Mexican, "What do you want on your back?" "I will take nothing!" says the Mexican, and he stands there straight and takes his ten lashings without a single flinch. "What will you take on your back?" the Amazons ask the American. He responds, "I'll take the Mexican."

[語彙]
Amazons アマゾン人、アマゾネス ■黒海沿岸に住んでいたとされる、女性戦士からなる伝説上の部族。

tribe 部族

whip 鞭打つ

welt みみずばれ

haul away 引きずって持ち去る、車両で持ち去る

lashing 鞭打ち

flinch たじろぐ、ひるむ

 

[日本語訳]
ドイツ人、アメリカ人、メキシコ人の3人の男たちがアマゾンを旅していると、何人かのアマゾン族につかまった。族長はドイツ人に言った。「むち打ちのとき、背中に何がほしいか?」ドイツ人は答えた。「オイルを塗る!」それで彼らは彼の背中にオイルを塗り、大柄なアマゾンの女戦士 がムチで10回打った。終わった時、ドイツ人は背中に大きなみみずばれをいくつも負い、ほとんど動くことができなかった。アマゾン族はドイツ人を引きずって片付け、メキシコ人に言った。「背中に何がほしいか?」「何もいらん!」とメキシコ人は言い、そこにまっすぐに立って、たじろぐことなく10回のむち打ちを受けた。「おまえは背中に何を乗せるか?」アマゾン族はアメリカ人に聞いた。彼は答えた。「あのメキシコ人を」

[解説]
低賃金でキツい仕事の多くを、メキシコ人を始めヒスパニック系の移民達に頼っている米国の事情を皮肉ったジョークかも知れない。


【18】
A wealthy businessman and his wife were having dinner in the restaurant of a very exclusive resort in the Bahamas. The man got up to visit the bathroom, and on his way back he received a very passionate embrace from a beautiful blond. His wife noticed this and when he sat down, she asked, "Who was that?"

"Oh," he said sheepishly, "That was my mistress."

"Why you beast!" she said, "I want a divorce."

"Okay," he said, but it means we'll have to give up the place in Aspen, and the estate in Belize, and of course those shopping trips to Europe, and...."

As he was speaking, she noticed one of the company board members dining across the way with a pretty brunette and she said, "Who's that with Wayne?"
"Oh, that's his mistress" was the reply.

She said, "Ours is cuter."

[語彙]
exclusive resort 高級リゾート ■exclusiveは「排他的な、排外的な」の意味もある。そこから「一般人に対して排他的な、一般人には手が届かない高級な」というイメージが出てくる。

embrace 抱擁

sheepishly きまり悪そうに、おずおずと

estate 財産、地所,屋敷

board members 役員

[日本語訳]
裕福なビジネスマンとその妻が、バハマの高級リゾートのレストランで夕食を取っていた。夫がトイレに行くために立ち上がり、戻ってくる途中、美しいブロンドから熱い抱擁を受けた。これに気付いた妻は、夫が席に着くと尋ねた。「今のは誰?」

「ああ」ときまり悪そうに彼は言った。「愛人さ」。

「こんちくしょう!」と彼女が言った。「離婚よ!」

「いいよ」と夫。「でも、そうなると、アスペンの家やベリーズの別荘を手放さないといけない。もちろんヨーロッパへの買い物旅行も諦めないと...」
そう夫が話していると、妻は会社の役員の一人が向こう側の席でかわいいブルネットと食事をしているのに気付いて言った。「ウェインと一緒にいるあの娘、誰?」

「ああ、彼の愛人さ」

妻が言った。「あたしたちの子の方がキュートね」

[解説]
妻は離婚することで失うものを考慮した結果、夫の愛人を誉めておいて事を荒立てないことにした。

 

【92】
A noted heart surgeon was having a formal party. Shortly before the guests were to begin arriving, he was told that all the bathrooms were backed up and not flushing. Quickly he called a 24-hour plumber listed in the phone book. The plumber arrived quickly and within 15 minutes told the surgeon that all was well. He gave his bill to the heart surgeon and the surgeon exclaimed, "$ 900! You were only here 15 minutes! I'm a heart surgeon and even I can't charge that much!” The plumber quietly replied, "Neither could I when I was a heart surgeon."

[語彙]
a noted heart surgeon  有名な心臓外科医

backed up (水の流れなどが)逆流している・詰まっている;(道路が)渋滞した

flush (トイレの水等が)勢いよく流れる

plumber  配管工

bill 請求書
 

[日本語訳]
有名な心臓外科医がフォーマルなパーティーを開いた。ゲストが到着し始める少し前に、彼は、全てのトイレの水が詰まっていて流れないと言われた。彼はすぐ電話帳に載っている24時間営業の配管工に電話をかけた。配管工はすぐに到着し、15分もしないうちに、これで全て大丈夫、と外科医に告げた。配管工が請求書を渡すと、外科医は叫んだ。「900ドルだって!ここにいたのはわずか15分なのに!私は心臓外科医だが、その私ですらこんなには請求できないぞ!」配管工は静かに答えた。「私も心臓外科医だった時には、請求できませんでしたよ」

[解説]
心臓外科医から配管工に転職したほうが儲かるというオチ。


【107】
Two lawyers walking through the woods spotted a vicious-looking bear. The first lawyer immediately opened his briefcase, pulled out a pair of sneakers and started putting them on.

The second lawyer looked at him and said, "You're crazy! You'll never be able to outrun that 

"I don't have to," the first lawyer calmly replied. "I only have to outrun you."

[語彙] 
vicious-looking 凶暴な見かけの ■viciousは「凶暴な、悪意のある」の意味。

outrun~ ~より速く走る、走って~を負かす

 

[日本語訳]
弁護士が2人で森の中を歩いていると、見るからに凶暴な熊に出くわした。最初の弁護士はすぐに自分のブリーフケースを開けてスニーカーを取り出し、履き始めた。

二人目の弁護士が彼を見て言った。「君はいかれてる!あの熊より速く走れっこないじゃないか!」

「その必要はないさ」と最初の弁護士が涼しい顔で答えた。「君より速く走ればいいだけなんだから」