volume 1 サンプル

■音声とテキストのサンプルです。

■4人のネイティブの録音音声サンプルと、テキストの該当箇所のサンプルとなります。各ネイティブが二つずつジョークを読んでいます。

■実際の音声においては各ネイティブが登場する回数はほぼ均等ですが、一人のネイティブの録音が続くこともあります。

【ジョークのカテゴリー】

 

■Volume1 はシリーズの導入編のため、このシリーズで取り上げる主なカテゴリーの全てを網羅しています。

Marriage Jokes(結婚のジョーク)8個

Family Jokes(家族のジョーク)8個

Relationship Jokes(男女関係のジョーク)8個

Blonde Jokes(ブロンド・ジョーク)8個

Elderly Jokes(お年寄りのジョーク)8個

Work Jokes(仕事のジョーク)8個

Ethnic Jokes(エスニック・ジョーク)8個

Doctor Jokes(ドクターのジョーク)8個

Lawyer Jokes(弁護士のジョーク)8個

Religion Jokes (宗教のジョーク)8個

Bar Jokes(バー・ジョーク)8個

Criminal Justice Jokes(刑事司法制度のジョーク)8個

Dirty Jokes(ダーティー・ジョーク) 8個

​音声サンプル (VOLUME 1)

vol1_sample1.mp3
00:00 / 04:37

​テキストサンプル (VOLUME 1)

【3】

A woman had a problem with her closet door - it was falling open every time a bus passed by. So she called a repair man. The repair man came and saw that, indeed, the door fell open every time a bus passed by. "OK, I’m gonna see what is going on, just close the door behind me," and he stepped into the closet. At that time the husband came home from work, opened the closet and found the repairman.  

 

"What the hell are you doing here?!" he shouted.  

 

"Well,” said the repairman, “You’re not gonna believe it, but I’m waiting for a bus!"

 

[語彙]

pass by 付近を通り過ぎる;(時が)過ぎ去る

gonna be going to の”going to”の部分の発音通りのスペリング

“What the hell ~?” [スラング]「一体全体~?」 ■ “the hell” はWhatを強調する働きがある。

 

[日本語訳]

ある女性が、クローゼットのドアのことで問題を抱えていた。バスが近くを通り過ぎるごとにドアが倒れて開いてしまうのだった。そこで彼女は修理人を呼んだ。修理人がやってきて、確かに、バスが近くを通り過ぎるごとにドアが倒れて開いてしまうのを確認した。「いいでしょう。何が起きているのか見てみますよ。私の後ろでドアを閉めてください」彼はクローゼットの中に踏み入った。その時、夫が仕事から帰宅し、クローゼットのドアを開け、修理人を見つけた。

「いったい全体、ここで何をしてるんだ!」彼は叫んだ。

「それが」と修理人は言った。「信じて頂けないでしょうけれど、私はバスを待ってるんです!」

 

[解説]

帰宅したタイミングでクローゼットに隠れたのではないか?つまり妻の愛人だろう、と夫から勘違いされても仕方ない状況において、クローゼットにいる理由が「バスを待っているから」というあきれるような言い訳だというおかしさ。

【8】

 

A man and his wife were traveling down the highway when they saw the lights of a patrol car behind them. 

 

When they pulled over, the patrolman came up to the window and said, "I am going to give you two tickets. One because you were speeding and one because you didn't have your seat belt fastened." 

 

The man said, "I did too have my seat belt fastened. I just loosened it when you came up to the car."

 

The patrolman said to the man's wife, "I know he didn't have his seat belt fastened. Isn't that right, lady?" 

 

She replied, "Well, officer, I learned a long time ago not to argue with my husband when he's drunk."

 

[語彙]

pull over 車を道の端に寄せてとめる

fasten 締める

loosen 緩める

officer 警官(警官に呼び掛ける言葉として)お巡りさん

 

[日本語訳]

男とその妻が高速道路を走っていると、背後にパトカーのライトが見えた。

2人が車を道の片側に寄せて止めると、警官が車窓に近づいてきて言った。「違反切符を2枚切ります。1枚はスピードを出し過ぎていたから、1枚はシートベルトをしていなかったからです」

男が言った。「私もちゃんとシートベルトはしていましたよ。お巡りさんが近づいてきたので緩めただけです」

警官は男の妻に言った。「ご主人がシートベルトをされていなかったのは知っています。そうじゃありませんか、奥さん?」

妻が答えた。「あのう、お巡りさん。私はもうずいぶん前に、夫が酔っぱらっているときは言い争いをしないことを学んだんですよ」

 

[解説]

妻は、夫がシートベルトをしていなかっただけでなく、酔っぱらっていることもバラしてしまった。

 

【17】

Man: "Honey, on this Valentine's Day, I want to tell you something. I'm not rich like Jack. I don't have a mansion like Russell. I don't have a Porsche like Martin. But I do love you and I want to marry you."

 

Woman: "Oh, dear, I love you too! What was that you said about Martin?"

 

[語彙]

mansion 大邸宅、豪邸

 

[日本語訳]

男:「ハニー、このバレンタインデーに、君に伝えたいことがあるんだ…僕はジャックみたいに金持ちじゃない。ラッセルみたいに豪邸を持っているわけじゃなし、マーチンみたいにポルシェを持っているわけでもない。でも、君を愛していて、君と結婚したいんだ」

女:「あらまあ!私もあなたを愛してるわ!で、マーチンについて言ってたこと、何だっけ?」

 

[解説]

この女性、"Oh, dear, I love you too!” 等と口では言ってはいるものの、ポルシェを持っているMartinに興味深々でしかたがない。

【21】

A tough-looking group of hairy bikers are riding when they see a girl about to jump off a bridge, so they stop. The leader, a big burly man, gets off his bike and says, "What are you doing?" 

"I'm going to commit suicide," she says. 

 

While he doesn’t want to appear insensitive, he also doesn’t want to miss an opportunity, so he asks, "Well, before you jump, why don't you give me a kiss?" 

 

She does, and it is a long, deep, lingering kiss. After she's finished, the tough, hairy biker says, "Wow! That was the best kiss I’ve ever had! That's a real talent you’re wasting. You could be famous. Why are you committing suicide?" 

 

"My parents don't like me dressing up like a girl." 

 

[語彙]

tough-looking 屈強そうな

hairy 毛深い

burly (人が)たくましい、がっしりした

commit suicide 自殺する

insensitive 無神経な;感受性のない

lingering なごり惜しそうな、長引く

dress up おしゃれする、着飾る

 

[日本語訳]

屈強そうで毛深いバイカーのグループがバイクを走らせていると、今にも橋から飛び降りようとしている女の子が目に留ったので、彼らは停車した。大柄でがっしりしたリーダーが、バイクから降りて言った。「何をしてるんだ?」

「自殺しようとしてるの」と彼女は言った。

無神経な男に見られたくはないが、チャンスを逃したくもなかったので、リーダーは聞いた。「それじゃ、飛び降りる前にキスしてくれないか?」

彼女はキスをした。長く、濃厚な、なごり惜しそうなキスだった。キスを終えると、屈強で毛深いバイカーは言った。「うわあ!今までで最高のキスだ!あんた、素晴らしい才能を無駄にしてる。有名になれるかもしれないのに。どうして自殺なんかする?」

「両親は私が女の子みたいにおしゃれするのを嫌がるの」

 

[解説]

キスの上手な女の子だと思いきや、実は女装した男の子だった。

【26】

A blonde, a brunette, and a redhead are running from the police. They run into an old barn and hide in potato sacks. The officer chasing them walks into the barn looking for them. He kicks the first sack with the redhead inside and the redhead says, "Woof woof!"

The cop thinks it's a dog, so he walks to the next one. He kicks the second bag with the brunette, and she says, "Meow meow!"

The cop believes it's a cat and moves on. He kicks the third bag with the blonde, and the blonde yells, "Potato potato!"

 

[語彙]

redhead 赤毛の人 ■女性と男性の両方に対して使える。ブロンドジョークの中で登場する時は女性であるのが普通。

barn 納屋

sack (ジャガイモや穀物等を入れる麻等で作られた)大袋;袋

officer 警官

chase 追う、追跡する

woof 「ワン」、「ウー」 ■犬の吠え声や唸り声の擬音語。

cop  [口語] 警官

meow 「ニャー」 ■猫の鳴き声の擬音語。

 

[日本語訳]

ブロンド、ブルネット、赤毛の3人が警察から逃げていた。古い納屋に駆け込み、ジャガイモの大きな袋の中に隠れた。彼らを追っている警官は、彼女たちを探しながら納屋に足を踏み入れた。彼が、中に赤毛が入った最初の袋を蹴ると、赤毛が言った。「ワン、ワン!」

警官は、これは犬だと思い、次の袋へと歩いていった。中にブルネットが入った2番目の袋を蹴ると、ブルネットが言った。「ニャー、ニャー!」

警官は、これは猫だと信じ、次に向かった。中にブロンドが入った3番目の袋を蹴ると、ブロンドが叫んだ。「ポテト、ポテト!」

 

[解説]

ブルネットと赤毛の友人が犬や猫の声を出して急場をしのいだのを真似たブロンドだったが、ポテトは口がきけないということを忘れていたようだ。

【42】

This young man professed a desire to become a great writer. When asked to define ‘great,’ he said, “I want to write stuff that the whole world will read; stuff that people will react to on a truly emotional level; stuff that will make them scream, cry, howl in pain and anger!” 

 

He now works for Microsoft writing error messages.

 

 [語彙]

profess  公言する、明言する

define 定義する

stuff モノ、コト ■thing(s)のカジュアルな言い方。

react to on a truly emotional level 「真に感情的なレベルで反応する」⇒「心の底から反応する」

howl (嘆きや怒り等で)わめく、うなり声をあげる

 

[日本語訳]

その若者は偉大な作家になりたいという願いを公言していた。「偉大な」の定義を聞かれると、彼は言った。「世界中の人が読むものを書きたいんだ。人々が心の底から反応するもの、彼らを叫ばせ、泣かせ、心痛と怒りでうなり声を上げさせるものをね!」

彼は現在マイクロソフトでエラーメッセージを書く仕事をしている。

 

[解説]

彼の願い通りに、世界中の人に読まれ、心痛と怒りの感情的な反応を起こさせる文章を書くようになったが、それはインターネットのブラウザで表示されるエラーメッセージを書く仕事だった。

【55】

A Jewish man walks into a bar and sits down. He has a few drinks, then he sees a Chinese man and punches him in the face.

 

"Ouch!" the Chinese man says. "What was that for?!"

"That was for Pearl Harbor," the Jewish man says.

"But I'm Chinese!" 

"Chinese, Japanese, what's the difference?" 

 

And the Jewish man sits back down. Then, the Chinese man walks up to the Jewish man and punches him in the face.

 

"Ouch!" the Jewish man says. "What was that for?!"

"That was for the Titanic," the Chinese man says.

"But that was an iceberg!"

"Iceberg, Goldberg, what's the difference?"

 

[語彙]

Jewish  ユダヤ系の、ユダヤ人の

"What was that for?!" 「なんでこんなことするんだ?」■怒りながら言えば「何しやがる!」のニュアンス。

iceberg 氷山

Goldberg  ゴールドバーグ ■最後にbergがつくのはユダヤ系の典型的苗字。Greenberg(グリーンバーグ), Weinberg(ワインバーグ), Zuckerberg(ザッカーバーグ)等々。元来はドイツ系の苗字。

 

[日本語訳]

あるユダヤ人の男がバーに入って座った。彼は2、3杯飲むと、中国人の男を見かけたので、その顔を殴った。

「いてっ!」中国人は言った。「なんでこんなことするんだよ?」

「パール・ハーバーの報いさ」とユダヤ人の男は言った。

「でも私は中国人だ!」

「中国人、日本人、何が違うんだ?」

そしてユダヤ人は席に戻って腰を下ろした。

すると、中国人がそのユダヤ人のところへ歩み寄り、顔を殴った。

「いてっ!」ユダヤ人は言った。「なんでこんなことするんだよ?」

「タイタニックの報いさ」と中国人は言った。

「あれは氷山のせいじゃないか!」

「アイスバーグ、ゴールドバーグ、何が違うんだ?」

 

[解説]

単語のゴロをつかったユーモア。Goldbergはユダヤ人の典型的な苗字。日本人と間違われて殴られ頭に来た中国人男性が、仕返しにGoldberg もicebergも同じ「バーグ」だろ、とやり返した。

■豪華客船タイタニック号は氷山に衝突して沈没した。

【69】

An airliner was having engine trouble, and the pilot instructed the cabin crew to have the passengers take their seats and get prepared for an emergency landing.

 

A few minutes later, the pilot asked the flight attendants if everyone was buckled in and ready.

 

"All set back here, Captain," came the reply, "except one lawyer who is still going around passing out business cards."

 

[語彙]

airliner (大型)旅客機

instruct 指示する

cabin crew  客室乗務員

emergency landing 緊急着陸

flight attendants 客室乗務員

(be) buckled in シートベルトを締めた

all set 準備のできた、準備万端の

pass out 配る、配布する

business card 名刺

 

[日本語訳]

旅客機にエンジントラブルが発生。パイロットは、乗客を席に着かせ緊急着陸に備えさせるよう、客室乗務員に指示した。

数分後、パイロットは客室乗務員に、全員シートベルトを締めて準備ができているかどうか尋ねた。

「こっちのほうは準備完了です、機長」と返事が返ってきた。「ただし、弁護士が一人、まだ名刺を配りながら歩きまわっていますが」

 

[解説]

緊急着陸で精神的トラウマを受けるであろう乗客たちが航空会社を訴えるのに乗じて、ひと儲けしようと名刺を配っている。

【76】

One day, three men died and went to heaven. "Religion?" God's secretary asked the first man.

"Jewish," the man replied.

"Okay, go to room 23, but be very quiet when you go past room 8," the secretary said.

"Religion?" he asked the second man.

"Muslim."

"Go to room 10, but be very quiet when you go past room 8."

"Religion?" he asked the third man.

"Agnostic."

"Go to room 71, but be very quiet when you go past room 8."

"Why must I be quiet when I go past room 8?" the man asked.

The secretary replied, "Oh, the Catholics are in room 8, and they think they are the only ones here."

 

[語彙]

Jewish ユダヤ教の、ユダヤ系の、ユダヤ人の

Muslim イスラム教の;イスラム教徒

agnostic 不可知論者 ■神の存在を知るとか証明することは不可能であるという見解を持つ人のこと。


[日本語訳]

ある日、3人の男が死んで天国に行った。「宗教は?」と神の秘書は最初の男に尋ねた。

「ユダヤ教です」と男は答えた。

「では、23号室に行ってください。ですが、8号室を通り過ぎる際は非常に静かに願います」と秘書は言った。

「宗教は?」と秘書は2番目の男に尋ねた。

「イスラム教です」

 「10号室に行ってください。ですが、8号室を通り過ぎる際は非常に静かに願います」

 「宗教は?」と秘書は3番目の男に尋ねた。

「不可知論者です」

 「71号室に行ってください。ですが、8号室を通り過ぎる際は非常に静かに願います」 

「8号室を通り過ぎるとき、どうして静かにしないといけないんですか?」と 男は尋ねた。

 秘書は答えた。「それはですね、カトリック教徒たちが8号室にいて、彼らがここには自分達しかいないと思っているからです」

 

[解説]

カトリック教徒に対するステレオタイプの一つに、彼らが「カトリック信者以外に救いはない」と考えているというものがある。(これはカトリックの教理の誤解に基づく偏見。)そうした、お堅く偏狭なカトリック教徒を皮肉ったジョーク。